Blogブログ

2018.05.16

自分でDIY~壁紙補修編~

こんにちは。

 

 

皆さんのお部屋の壁紙は何色ですか?

 

 

新築の時はあんなに綺麗だったのに

いつの間にか汚れが目立つ…

壁紙は時間の流れとともに黄ばみ

穴があき時には剥がれたり裂けたりします。

 

一般的に壁紙は10年を目安に

補修や張り替えが必要です。

 

全面張り替える場合は

業者に依頼した方が

早く綺麗に仕上がりますが

部分的に張り替えるだけなら

実は自分でも案外簡単に

出来ちゃうんです!

 

 

今回は自分で出来る

壁紙の補修、張り替え方法を

ご紹介します!

 

【壁の針穴の補修】

壁につけた穴はいろいろあります。

ピンやネジ穴、フックをつけてできた穴など

気になり出すと、目についてイヤなものです。

 

この穴の補修はクロス専用の補修材で

手当をすれば、簡単に補修できて

目立たなくなります。

 

①埋めたい穴のホコリや汚れを取り除きます。

②補修剤先端のノズルを穴にあて

液を入れ、はみ出した余分なものは

水を含ませ固く絞った布で拭き取ります。

色はアイボリー、ベージュ、ホワイトなどが

ありますので、自分の家の壁紙にあった色を

選びましょう。

 

 

【めくれ・剥がれの補修】

壁紙のジョイント部分がめくれたり

はがれてしまう事はよくあります。

 

こちらも早いうちに手当をすればきれいに直ります。

 

①まず剥がれている部分の壁紙についた

糊と壁の汚れを取り除きます。

②壁側に、壁・クロス用の糊を波形に塗り

つなぎ目に向かって、空気を抜くように

しっかりと張りつけます。

③はみ出した糊は

水で湿らせ固く絞った布で

拭き取ります。

④壁紙が浮いてこないようにするため

マスキングテープで2~3時間仮止めしておきます。

⑤繋ぎ目が目立つようであれば

すき間を補修剤で埋めて下さい。

 

 

【破れの補修】

ひっかき傷や破れも

同じビニールクロスがあれば

補修で目立たなくすることが出来ます。

カッターの刃は、新しく良く切れるものを

使うことがきれいに仕上げるポイントです。

 

①補修用の壁紙を切る

補修用の新しい壁紙を

破れのサイズより大きめに切り

柄などを合わせてマスキングテープなどで

仮止めします。

破れたところより

一回り大きな位置に定規をあてて

元の壁紙と新しい壁紙

2枚一緒に切ります。

 

②破れた壁紙を剥がす

仮止めのテープを剥がし

新しい壁紙を一度取っておきます。

このとき、上下が分かるように

しておきましょう。

次にカッターの先などを使って

破れた壁紙を剥がします。

壁面に古い糊が残っている場合は

固く絞った布で拭き取って下さい。

 

③糊を塗る

壁紙用の糊を新しい壁紙の裏に塗り

切り取った部分に貼り付けます。

貼り付けたら撫で押さえ

ハケでさっと伸ばし空気や

しわがないように気を付けます。

 

④押さえローラーをかける

新しい壁紙を貼った後、

壁紙用の押さえローラー

(ジョイントローラー)で

繋ぎ目を押さえると

目立たなくなります。

 

 

いかがでしょうか?

一部分だけの補修なら

自分でも出来ちゃいそうですね♪

 

 

壁紙の補修などを自分で行うメリットは

・費用が安くすむ

・自分のペースで出来る

 

一方デメリットは

・仕上がりに不安

・自分で行う分の手間がかかる

 

上記のメリット・デメリットを踏まえ

補修の程度や、範囲によって

自分でDIYで補修をするか

業者に依頼するか

決められてはいかがでしょうか?

 

 

壁紙の張り替え・補修は

TASCALL

 

下記でのお困りごとはTASCALLまでお問合せ下さい。

水漏れ/ハウスクリーニング/掃除/詰まり解消/交換/屋外清掃/枝切り/草刈り/手入れ/水廻りメンテナンス/オフィスクリーニング/防犯/防災/耐震/庭手入れ/害虫駆除/引越し/家具移動/不用品処理/遺品整理/家屋解体/改修/修繕/手伝い/代行サービス/庭木剪定/シロアリ/雨漏り/たたみ交換/障子ふすま張り替え/網戸張り替え/ガラス割れ/金沢/お困り/忙しいetc…