Blogブログ

2018.07.12

グリーンカーテンに向いてる植物

こんにちは!

 

今年の夏は陽射しが強く日中は

お家から出られない方も多いのでは

ないでしょうか?

 

 

お家で少しでも涼を感じられるように

様々な方法がありますが本日は

経済的で自然環境にも優しい

「グリーンカーテン」

 

 

やってみたいけど、何を育てれば良いか

分からないという方も意外と多いんです‼

 

本日はそんな初心者の方にもおススメできる

植物をご紹介します。

 

1.朝顔

朝顔は江戸時代に大流行して以来

現在まで品種改良が重ねられてきました。

 

伝統的な日本アサガオをはじめ

西洋アサガオのヘブンリーブルー

最近、人気が出てきた

沖縄うまれの「オーシャンブルー」など

数多くの品種があります。

 

2.ゴーヤ

病害虫が付きにくく肥料や農薬もほとんど不要な

グリーンカーテンの代表格。

 

水と暑さがあればぐんぐん成長し

大きな葉が密に茂ります。

 

ゴーヤの実は、

ビタミンC、ビタミンB1、B2、葉酸

カリウム、カルシウム、鉄、食物せんいなど

夏に摂りたい栄養素が豊富なんです。

 

最盛期には次つぎに実をつけ

食べきれなくなりますから

ご近所やお知り合いにおすそ分けしましょ!

 

3.パッションフルーツ(クダモノトケイソウ/食用トケイソウ)

ブラジル原産。
花も実も魅力的な、つる性植物です。
パッションフルーツの花。
“passion”は、受難の意味。
十字架上のキリストのイメージから名付けられたとか。
栽培は沖縄や小笠原諸島などの
南国が中心ですが
暑い時期に短期間に開花・結実するため
長野県や岐阜県にも畑が作られています。

4.おかわかめ(雲南百薬/うんなんひゃくやく)

真夏に肉厚な葉を次つぎにつけます。
東南アジア原産とあって
暑いの大好き‼反対に、冷涼な地方での栽培は難しいです。
食用にするのは、若芽の部分です。

5.へちま

インド原産
ウリ科の1年草で日本には江戸時代に
伝わったとされています。
葉が大きく日差しのさえぎり効果は一番。
ただし、実がなってくると重さが増すため
丈夫な支柱が必要になってきます。
いかがでしたでしょうか?
今年の夏はグリーンカーテンで
涼を感じてみませんか?
グリーンカーテンの設置は

TASCALL